ストレスをためない

下腹部の強い痛みを特徴とする主な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な部位の病気が挙げられます。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを支える性能で知られており、血中のCa濃度を微調整し、筋肉の働きを調整したり、骨を作り出します。
「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「排除しなければいけない」と判断しがちですが、実を言うと、私たちヒトは様々な場面でストレスを感知するからこそ、生き延びていくことができています。
緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首凝り、張りから生じる日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛み」「ドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されます。
子どもの耳管の特徴は、大人の耳管と比較すると幅広で長さがあまりなく、またほぼ水平になっているため、黴菌が入りやすいのです。幼い子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、このためだと言われています。
うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、強い憂うつ感、不眠著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の症状が見られます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、あろうことか膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなり発病するという糖尿病なのです。
アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の約8割がジェネリックに替わる薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、大人に比べて体の小さい子供のほうが飛んできた放射能の悪い影響をより受容しやすいことが分かります。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みの鎮静、色々な覚醒などを司っていて、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人ではその作用が弱くなっていることが分かっているのだ。
スギの花粉が飛ぶ時節に、幼いお子さんが発熱は確認できないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っ洟が止まない時は、残念ながら杉花粉症の可能性があるでしょう。
トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる働きがもっとも有名だと思いますが、加えて肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に良くない影響を与えるのです。
汗疱状湿疹は主に手のひらや足の裏、または指と指の隙間などに小さめの水疱が現れる症状で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出来ると足水虫と混同されるケースもままあります。
薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物などの成分を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒といい、肝臓の担う大切な務めの一つであることは間違いありません。

Comments are closed.