Archive for the ‘未分類’ Category

耳鳴り

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか感じないような「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者に加えて他の人にも品質の高いマイクロホンなどをあてると響いてくる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータをみると、大人よりも体の小さな子どものほうが漏れてしまった放射能の深刻な影響をよく受けることが明らかになります。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも症状が出現することがあるので急を要する心臓疾患ではありませんが、例えば発作が次から次へと出るケースは危険だといえるでしょう。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持など)のに必要な理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指しています。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患をもたらす可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する行為の禁止を主に先進国に喚起しています。
男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や活動に雄性ホルモンが密に関わっていて、前立腺に発現してしまった癌も同じように、アンドロゲンに影響されて成長してしまうのです。
パソコン画面の小さなちらつきを低減させる効果のあるPC専用のメガネがすごく人気をはくしている要因は、疲れ目の低減に多くの人が惹かれているからだと考えられます。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、予防の効能を見通せるのは、ワクチンを注射した日の約2週間後から150日間くらいだろうと言われているようです。
道路交通事故や作業現場での転落など、とても大きな負荷が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が齎されたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、重症の場合は臓器が損壊してしまうこともあるのです。
眩暈がなく、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴だけを何度も発症するケースを「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶこともあることは意外と知られていません。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、体内の脂肪の溜まっている比率のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キロ)×100」という計算式で調べられます。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染が原因の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高熱も出るのが相違点だといえます。
人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に大別できますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスが付着して炎症がみられたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼びます。
必要な栄養を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろんのこと、体の健康やビューティーアップを目的とし、食事以外に様々なサプリを服用する行為が一般的なものになったようです。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散している量に追従するかのように悪化してしまう特性があるということです。

ストレスをためない

下腹部の強い痛みを特徴とする主な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な部位の病気が挙げられます。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを支える性能で知られており、血中のCa濃度を微調整し、筋肉の働きを調整したり、骨を作り出します。
「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「排除しなければいけない」と判断しがちですが、実を言うと、私たちヒトは様々な場面でストレスを感知するからこそ、生き延びていくことができています。
緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首凝り、張りから生じる日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛み」「ドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されます。
子どもの耳管の特徴は、大人の耳管と比較すると幅広で長さがあまりなく、またほぼ水平になっているため、黴菌が入りやすいのです。幼い子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、このためだと言われています。
うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、強い憂うつ感、不眠著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の症状が見られます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、あろうことか膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなり発病するという糖尿病なのです。
アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の約8割がジェネリックに替わる薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、大人に比べて体の小さい子供のほうが飛んできた放射能の悪い影響をより受容しやすいことが分かります。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みの鎮静、色々な覚醒などを司っていて、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人ではその作用が弱くなっていることが分かっているのだ。
スギの花粉が飛ぶ時節に、幼いお子さんが発熱は確認できないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っ洟が止まない時は、残念ながら杉花粉症の可能性があるでしょう。
トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる働きがもっとも有名だと思いますが、加えて肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に良くない影響を与えるのです。
汗疱状湿疹は主に手のひらや足の裏、または指と指の隙間などに小さめの水疱が現れる症状で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出来ると足水虫と混同されるケースもままあります。
薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物などの成分を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒といい、肝臓の担う大切な務めの一つであることは間違いありません。

鍼灸用のハリ

鍼灸用のハリを気になる所に刺してもらう、という物体的な多数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという呼称の要は電気信号伝達を引き起こすのではないかという見方が浸透しています。
普通では骨折しない位の弱い圧力でも、骨の狭いエリアだけに複数回にわたり途切れることなく力が加わることにより、骨折してしまうことがあるので注意しなければいけません。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番多い中耳炎で乳幼児に発症しやすい病気です。強烈な耳痛や38度以上の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの多様な症状が出現します。
脳内にある5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの制御、覚醒現象などを操っており、大鬱病の方は動きが減少していることが広く知られるようになった。
もし婦人科の検査で恐れていた通りエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくて早期閉経(premature menopause)だと判明した場合、その女性ホルモンを補填してあげる治療等で改善できます。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わる新しい手段として、2012年9月1日以降は原則無料で受けることのできる定期接種となるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で接種してもらう個別接種という形に変わります。
スマホ使用時の小さなちらつきを和らげる効果のある専用メガネが今人気をはくしている要因は、疲れ目の対策に大勢の人が努めているからだと考えることができます。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症のことで、免疫不全へと至り些細な病原体が原因の日和見感染や悪性新生物などを併発する病状そのものを指し示しています。
塩分と脂肪の摂り過ぎをやめた上で適切な運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎないような毎日を心がけることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防するコツだといえます。
下腹部の強い痛みを訴える人の多い病気の代表格として、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮の病気等が聞かれるようです。
メタボとは言われていなくても、内臓に脂肪が多く付着しやすい型式の悪い肥満が確認されることに縁り、命にかかわるような生活習慣病を引き起こしやすくなります。
2005(平成17)年から新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す文章の明記が義務化している。
肥満(obesity)というのは当たり前のことながら食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが要因ですが、内容量の変わらないごはんであれ、あっというまに終了する「早食い」を日常化することによって体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。
ただの捻挫と勝手に自己判断して、包帯やテーピングテープなどでとりあえず患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置をした後一刻も早く整形外科を訪れることが、結局は完治への近道になるでしょう。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因でもたらされる発疹で、皮脂分泌の異常の因子としては男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの乱れやビタミンB群の慢性的な不足等が考えられているのです。

肝機能の減衰

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな生成活動を助けているかもしれないという可能性が見えてきました。
インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)という病名で、カビの仲間である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまった病気のことであり水虫です。
マスクが欠かせない花粉症とは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの大量の花粉が誘因となって、クシャミ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だということは、今や常識となりました。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを防御し、分泌物質の覚醒などを操作していて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している人ではその動きが鈍化していることが明らかになっているのだ。
まず間違いなく水虫イコール足、ことさら足の裏や指の間に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、白癬菌がうつるのは決して足しかないわけではなく、全身どの部位にもかかってしまう恐れがあります。
ダイエットを成功させたいばかりに摂取カロリーの総量を抑える、食べる量が少ない、そのような生活を続けると結果的に栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを誘引する事は、何度も言われていることなのです。
ちょっとした捻挫と自己判断し、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで動かないように固定し、様子をみるよりも、応急処置を済ませてからただちに整形外科を受診することが、快癒への近道になるでしょう。
今、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗う免疫力の無い人々が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることが要因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えていると言われています。
体脂肪量には変化が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減する際、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が高くなるのです。
開放骨折によりたくさん出血した状態だと、低血圧になって目眩や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が現れるケースもあります。
自分で外から眺めただけでは骨を折ったかどうか判別できない時は、痛めてしまった所の骨を優しく押してみてください。もしそのポイントに強い痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、四肢が無感覚になったり下肢の著しいむくみなどがよく起こり、病状が進むと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを招くことがあるそうです。
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能が格段に有名ではありますが、他に美肌作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。
くも膜下出血(SAH)は90%弱が脳動脈瘤と言われる血管が変形してできた不必要なコブが破裂して出血する事が原因となってなってしまう深刻な病気だということを多くの人が知っています。
「肝機能の減衰」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの数値によってモニタリングできますが、ここ数年間で肝機能が充分ではない人数がだんだん増えているということが分かっています。

1型糖尿病

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者がゴホゴホと咳き込むことで空間に撒かれ、空気中にふわふわ動いているのを他の誰かが呼吸の際に吸い込むことで拡がります。
2005年(H17)年2月より新しく特定保健用食品の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の日本語の記述が食品メーカーに義務付けられている。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったために、結果的に膵臓からはほぼインスリンが出なくなってしまって発症してしまうタイプの糖尿病です。
インキンタムシというのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という名称で、カビの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、臀部などに感染し、棲みつく感染症で簡単に言うと水虫です。
体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、厳しいダイエットではこの様々な活動をキープするために絶対欠かせない栄養素までも減少させてしまっている。
ただの捻挫だと決めつけて、湿布を貼って包帯やテーピングなどで一応固定し、様子を見るよりも、応急処置を済ませてから素早く整形外科へ向かうことが、早く快癒させる近道になるでしょう。
汗疱状湿疹とは主に手の平や足の裏又は指の隙間などに小さめの水疱ができる皮膚病で、基本的にはあせもと言われ、足裏にできると水虫と早とちりされる場合が結構あります。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか感じられないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように本人以外の人にも高品質なマイクロホンを利用したりすると聞くことができると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
ハーバード医科大学の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はデカフェコーヒーに変えることで、驚くことに直腸がんの発症率を約半分も減少させることができたとのことだ。
ダイエットしたいがためにカロリー摂取を抑制する、食事を抜く、などのライフスタイルを続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性をもたらしていることは、何度も言われていることなのです。
スギの木の花粉が飛散する時節に、子どもが発熱は確認できないのにクシャミを連発したりサラサラした鼻水が止まない状態なら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があるでしょう。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な措置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術」という2種類の技術がしきりに使用されています。
現代の病院のオペ室には、レストルームや器械室(apparatus room )、準備室を設けさせ、手術中に撮影するためのX線装置を置くか、近辺にX線用の専門室を準備するのが常識だ。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常ならば身体をがんにさせない役割をする物質を生成するための金型のような遺伝子の異常が原因で発生してしまう病気だと言われています。
ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分類することができますが、中耳の辺りに様々なバイ菌やウィルスなどがうつって炎症になったり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。

30歳代で更年期

30歳代で更年期になるなら、医学的な用語では「早期閉経(premature menopause)」という疾患を指します(この国の場合は40才以下の女性が閉経するケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼んでいます)。
演奏会やライブなどの開催される場内やダンスを踊るためのフロアなどに設置された大型スピーカーのすぐ横で爆音を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響外傷」と称しています。
必要な栄養素を網羅した食事や運動は当然のことながら、肉体や精神の健康やビューティーを目的とし、目当ての栄養を補うために色々な種類のサプリメントを服用する行為がおかしくなくなっているそうです。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かずにじっとしていても燃える熱量であり、その50%以上を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が使うと考えられています。
花粉症というのは、森林の杉や檜、松、ブタクサなどの大量の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの不快なアレルギー症状を齎す病気だということができます。
AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至り健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性新生物等を複数発病する症候群そのものの事を指し示しているのです。
自分で外から観察しただけでは折れているのかどうか不明な場合は、怪我をした箇所の骨を少しだけ触れてみて、もしそのポイントに強烈な痛みを感じたら骨折の疑いがあります。
大多数の人に水虫イコール足、ことさら足指の間にみられる皮膚病だと思われがちですが、白癬菌にかかるのは足だけではなく、全身いたる所にうつるという危険性があるので気を付けましょう。
男性だけにある前立腺は生育や活動にアンドロゲンがとても密に関係しており、前立腺に出現してしまったがんも同様、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの働きによって成長してしまうのです。
ピリドキサミンは、あのアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要となる回路に取り込ませるため、再度化学分解することを助長するという作用もあると言われています。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいてはちょっとずつ聴力が落ちるものの、通常は還暦を超えてからでないと聴力の減退をなかなか把握できないものです。
チェルノブイリ原発事故に関するその後の追跡調査のデータでは、体の大きな成人に比べて子供のほうが漏れてしまった放射能の悪い影響を受容しやすくなっていることを痛感します。
昨今、若い世代で感染症のひとつである結核に抗えるだけの免疫(抵抗力)を持たない人々が増えたことや、自己判断のせいで診断が遅れることが誘因の集団感染や院内感染が多くなっているようです。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが吸収されるのを助長するという機能が特に認知されており、血液中のCa濃度を操作して、筋繊維の動き方を適切に操作したり、骨を生成します。
手ごわいインフルエンザに適応している予防術や治療法など、このような必然的な対策自体は、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザでもほとんど同じです。

ジェネリック医薬品

アルコールをクラッキングするという特徴のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔によく効く成分です。苦しい宿酔の根源物質であるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化に関わっているのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報を破壊するなど、皮ふに悪影響を与えるのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効した後に発売されるもので、新薬とまったく同一の成分で経済的負担が少ない(薬の代金の高価ではない)後発医薬品のことを指します。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの鎮圧、色々な覚醒などをコントロールしていて、大鬱病の患者はその働きが弱体化していることが科学的に判明している。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、脳梗塞を始めとした色んな健康障害の原因となる可能性があるのです。
「時間がない」「面倒ないろんなお付き合いがすごく嫌だ」「あらゆる技術や情報の著しい進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが溜まってしまう因子は十人十色です。
音楽の公演の場内やクラブなどに備えられた特大スピーカーの真横で大音量を聞いて耳が遠くなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。
耳鳴りの種類には本人だけに聞こえるタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように他の人にも性能の良いマイクロホンを利用したりすると感じることができる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月より原則無料で受けられる定期接種となるので、病院などの医療機関でになりましたのでご注意ください。
基礎代謝というものは人間が動かなくても使うエネルギー量であり、その5割以上を骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めると考えられているようです。
アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が切れた約1ヶ月後、市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるような薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界中に採用されているのです。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が挙げられます。
暗い場所では光量不足によりものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余計なエネルギーが消費され、結果的に明るい所でモノを眺めるより疲労がおおきくなります。
スギの花粉が飛ぶ時節に、お子さんたちが発熱は確認できないのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした鼻水が止まってくれないケースは、もしかしたら杉花粉症の可能性があるでしょう。
生殖器である前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、即ち男性ホルモンが大きく関連していて、前立腺に発生してしまった癌も同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの働きを受けて肥大化してしまいます。

天然の化学物質

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる物質が、肝臓が持っている解毒酵素そのものの正常な製造活動を支えているのではないかという新たな事実関係が判明してきました。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する被害者の追跡調査のデータから、大人よりも若い子供のほうが放出された放射能のダメージをよく受けることが見て取れます。
BMIを求める式はどの国も同じですが、BMI値の評価は国ごとにそれぞれ異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、25以上を肥満、BMI18.5未満は低体重と決定しています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番症例の多い中耳炎で幼い子供によく起こる病気です。猛烈な耳痛や38度以上の高熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が流れる耳漏などのいろいろな症状が発生します。
吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺へと至る気道(きどう)からの出血のことであり、吐血の方は十二指腸よりも上にある消化管からの出血のことを表しています。
日々の折り目正しい日常生活、腹八分目を忘れないこと、正しい体操等、古臭いとも言える体についての気配りが老化防止にも関わっているということです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体の中の脂肪の占有しているパーセンテージのことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という式で求めることができます。
塩分や脂肪分の大量摂取をやめて続けられる運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎない暮らしを続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を防ぐ方法だといえます。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても発生することがあるので重大な心臓疾患とは限らないのですが、短期間で発作が立て続けにみられるケースは危険だといえるでしょう。
急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、細菌感染によるものの場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高熱も出るのが特徴だといえます。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている覚醒状態で生命活動を維持する(鼓動、呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要となる最も低いエネルギー消費量のことを指すのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が破壊されてしまったため、結果的に膵臓からは血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなり発症するという自己免疫性の糖尿病です。
グラスファイバー製ギプスは、大変強くて軽量なのに耐久性に優れ、濡らしても使えるという特長があり、現在の日本のギプスの第一選択肢だと言っても過言ではありません。
30~39才の間に更年期になるなら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(early menopause)」という病気のことを指します(この国では40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。
内臓脂肪の多い肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目以上に該当するような状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。

脳動脈瘤

必要な栄養素を網羅した食生活や運動はもちろん、肉体面と精神面の健康や美のために、特に摂りたい栄養を補うために様々なサプリメントを服用する事がまったくおかしくなくなってきていると言われています。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れてから1ヶ月後、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に変更されるという飲み薬もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国で採用されています。
ストレスがかかり、溜まるという理屈や、便利で効果的なストレス対策など、ストレスに関しての初歩的な知識を勉強しようとする人は、さほど多くはありません。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったために、その膵臓からはインスリンがほとんど出なくなって発症してしまうという糖尿病なのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、現在までの研究結果として、ワクチンの予防接種効果を予想できるのは、注射した日の2週間後から約150日間くらいだろうと言われています。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保有しない人にも扱える医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの通りに使うことで、心室細動に対する応急処置の効果を患者に与えます。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病などの非常に多くの病気の誘因となる可能性があるのです。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管のコブが破裂して出血してしまうことが理由となって引き起こされてしまう脳の病気として認識されるようになりました。
筋緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首の凝り、張りが要因の最も一般的な頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「ズドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と言い表されることが多いようです。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が無くなった後に発売されるもので、新薬とまったく同じ成分で経済的な自己負担が少なくて済む(薬の代金が安い)後発医薬品そのものです。
様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが素因になって睡眠不足になり、翌朝からの業務の遂行に芳しくない影響を与えることも考えられます。
エイズウイルス(HIV)を保有する精液や血液のほか、母乳、腟分泌液、唾液などのあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜部分や傷口に触れることにより、感染する可能性が大きくなります。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒のきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。
V.B6には、様々なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要な重要な回路に組み込ませるためにより化学分解することを補助する機能もあります。
男性にしかない前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが非常に大きく関連していますが、前立腺に発現してしまったガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンに影響されて成長してしまうのです。