更年期について知ろう

吐血と喀血は両方とも口からの出血に違いはありませんが、喀血は喉から肺に続く気道(きどう、呼吸器)から出血することで、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る病状を示しています。
緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首凝りから起こる患者数が多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「ズシッと重苦しいような鈍い痛さ」と言い表されています。
老人や持病を持っている方は、殊更肺炎を発病しやすく治療が長引くと言われているので、予防する意識や迅速な手当が重要なのです。
ストレスが蓄積してしまう構図や、手軽なストレス対処法など、ストレスに関わる正確な知識を保持している方は、今のところ少ないようです。
お酒に含まれるアルコールやお薬、増粘剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する活動を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす大事な役割分担の一つであることは間違いありません。
メタボとは診断されていなくても、臓器に脂肪が付着するような悪質な肥満症になってしまうことに縁り、あらゆる生活習慣病を誘引しやすくなります。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭くなってしまって、血液の流れが止まって、欠かせない酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋繊維自体が壊死するという怖い病気です。
HIV(human immunodeficiency virus)を持つ血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液、母乳といったいたる所の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分に接触した場合、HIV感染のリスクが高くなります。
20~30才代で更年期がやってきたとすれば、医学的にはPOFという疾患に当てはまります(この国では40才以下の女性が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。
PC画面の細かなちらつきを低減するレンズの付いた専用眼鏡が非常に人気を博しているのは、疲れ目のケアに大勢の人が興味を抱いているからではないでしょうか。
世界保健機関は、有害なUV-Aの浴び過ぎが皮ふ疾患を招くとして、18歳以下の男女が日サロを使用する活動の禁止を強く求めています。
もし婦人科の検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りず早発閉経(POF)と分かった場合、不足している女性ホルモンを補填する治療等で改善できます。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人だけに聞こえるような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを使用したりすると聞くことができるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒素の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つがあるのです。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が満了してから30日後、市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に切り替わるようなクスリもあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界中に浸透しているという現実があります。